タマディックの産業機械部門のキーポイント

FA・ファクトリーオートメーションを担当する株式会社タマディックの産業機械部門。

豊富な経験と長年培われてきたノウハウをフル活用して先端分野の「ものづくり」に貢献しています。

近年、ものづくりの企業は増えています。

◎詳しくはコチラ…https://mainichi.jp/articles/20170520/ddl/k27/010/406000c

今回は【タマディックの産業機械部門のキーポイント】について迫ります。

技術力が優れているタマディックが携わるのは研究開発だけではありません。

製作や工程設計も担当しています。

そして、さまざまな評価や品質管理に至るまで一貫した差サービスを提供する会社です。

トータルエンジニアリングのノウハウを豊富に持つ特徴があります。

このことが他社の追随をゆるさないタマディックの強みでもあります。

それができるのは、あらゆる「ものづくり」に関与してきたからです。

□製造部門を併せ持つタマディック。

機械や部品の内製が可能であるのも強さの一因になっています。

他社には無い特色と言えますが、これは簡単にできることではありません。

これまで培ってきた長年の経験の裏付けがあるからできることです。

技術提供だけでは満足していません。

「ものづくり」すべてのパートナーとして社会に役立ちたいと考えている企業です。

だからこそ就職希望の理系の学生にも注目されています。

口コミでも若手社員がいろいろなプロジェクトでの経験を伝えています。

研究だけでなく部品設計もできますし、ロボットや航空宇宙分野にも携わっているのは大きな魅力になっています。

愛知県名古屋にも拠点があるので中部エリアの学生は憧れを持っている企業の一つです。

この記事は幅広いタマディックの事業に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。